岡部嶺男

窯変米色瓷盃

作者の代名詞であり、陶芸家としての到達点ともいえる米色瓷の本作。 器形も高台も美しく整った緊張感のある作品です。 そこにある美は、瀬戸の作家としての灰釉や黄瀬戸、織部の研究が下地となって開花した釉薬の精華。 作者自身を見ているかのような、他の追随を許さない孤高の米色瓷。 展示会出品、図録掲載の最上位作です。
寸法
W9.3cm × H5.0cm
状態
良好
付属品
岡部美喜箱、塗二重箱

お電話でのご注文も承っております

052-875-5100

 

作品の3D画像をご覧いただけます

Youtube

こちらの作品もお勧めです

閲覧作品はこちら